ウィトゲンシュタイン家の人びと

 

 こんなに面白い伝記には滅多に出会えない。これは真実なのだろうかと疑うぐらい波瀾万丈でノンフィクションとは思えない。ウィトゲンシュタインと言えば、論理哲学論考を著した哲学者で有名だ。ルートウィヒは七人姉妹兄弟の末っ子だった。そして二歳歳上の兄のパウルは片腕のピアニストで世界的に有名な音楽家だった。実は生前はルートウィヒよりもパウルの方が有名だった。兄妹の内の三人が自殺した。一家全員が、人付き合いが苦手で気難しく激しやすかった。ルートウィヒ自身も自殺の念慮に苛まれていた。ポーランドクラクフトルストイ福音書に出会い彼の人生を大きく変えた。

 

 家族全員が個性が強すぎて一人に絞れなかったので著者は一家の伝記を書く事にしたのだと思う。この物語の主役は四男のパウルだ。彼の不屈の精神がすごい。第一次世界大戦で、祖国オーストリア=ハンガリー帝国の為に戦った。そしてロシア軍を偵察中に敵からの砲弾で右腕を失った。以来、片腕のピアニストとして名声を博すようになる。従軍中にロシア軍の捕虜となりシベリア流刑となった。生きるか死ぬかの世界だ。パウルは希望を失わず、木箱を鍵盤に見立てて片手でピアノを弾く練習をした。最終的に重傷捕虜となり解放されるが、第二次世界大戦ではユダヤ人の疑いをかけられたアメリカに亡命した。最終的にアメリカの市民権を取得して暮らすことになる。

 

 僕はこの家族と共感しながら読んだ。まず、何故パウルやルートウィヒが学問や芸術の世界に没頭する機会があったのか説明がいる。父親のカール・ウィトゲンシュタインが莫大な金持ちだったのだ。彼は鉄鋼業で成功して富を築き上げ二億ドルもの資産があった。長女のヘルミーネや妹のグレートルが寄付や慈善活動が出来たのも親の遺産のおかげだった。

 

 

 

アイヌの昔話

 萱野茂による20話のアイヌの物語。

祖母から聞かせて貰った物語。どれも人生の教訓になる話だ。物を大切に扱う、欲張らない、親を大事にする、自慢しない。北海道の大地で石狩川で鮭を取り自給自足の生活を送っていたアイヌの人々。カムイ(神様)を敬い、特に熊はとても神聖視されていた。肉が食べれる上に毛皮まで取れる。アイヌは取った毛皮を交易所で物物交換をしていた。アイヌ人の夢に表れる殺された熊のカムイ。そして熊のカムイは言う。私にイナウを作って神の国に送ってくれれば必ずあなたをいつまでも守ってあげようと。

 日本は単一民族と言われるが、アイヌ人の人々がいた事は決して忘れてはならない。

 

 

 

 

 

コンゴ・ジャーニー

 

 物凄い密度が濃い探検記。四半世紀前に書かれた本だが全く色褪せない面白さがある。幻の恐竜を求めてコンゴの湿地雨林を探検する。物語はコンゴ民共和国(現在のコンゴ共和国)の都会のブラザビルから始まる。そこから一気にコンゴ川の上流を遡る。水路は丸太船を使い、陸路はピグミーに案内してもらう。この探検記は決して一人では実行不可能だ。地図にも乗っていない森深くに進む。仲間がいないとまず無理。アメリカ人教授の相棒がいるし、心強い味方のコンゴ人のマルセランがいる。分からない事があればフランスとキューバに留学経験のあるマルセランが教えてくれる。

 

 コンゴの人々にオックスフォードで買ってきたタバコやナイフ等のお土産を用意してくる著書に好感が持てる。オハンロンのアフリカ人への人種的偏見がないのは喜ばしい事だ。

 

 オハンロンの行き当たりばったりの日々が面白い。長期ビザを手に入れるのに一苦労したりマラリアに罹ったりコンゴの旅は簡単ではなかった。最初の船旅では乗る船が頼りない。丸で巨大な筏のようだ。毎回この船旅では死者が出るという。

 

 コンゴには独自の慣習があった。呪い師や占い師に助言を求める文化があり勿論、一夫多妻制がある。主食はレイヨウの肉とマニオクとやし酒。湿地雨林にはピグミーが住んでいる。ピグミーの狩の成功を祈る踊りも興味深い。

 

 

アイスランド 絶景と幸福の国へ

 

 まだシーナとの旅を続けようと思う。本書のテーマは幸福についてだ。シーナの深い洞察力で日本と旅先の海外を比べて一体幸福とは何なんだろうと考える。物質的な豊かさと幸福は実は比例しないのだ。アイスランドの現地のガイドさんに日本は毎年三万人の自殺者がいますっと吃驚するような事をいうシーナ。確かに一昔前前まではそれぐらいはいたが確か今は2万人をきるぐらい。ガイドさんはアイスランドの人口が30万人なので毎年3万人が自殺したら10年でこの国の人々はいなくなってしまいますと言う。

 

 そもそも、何故今回の旅先がアイスランドになったのは何故だろう。北欧は総じて幸福度が高いと言われる。日本の無表情でマニュアル通りにしか喋れないレストランの店員や電車の中でスマホばかりいじっている人たちに違和感を覚えたシーナ。本当の幸福を確かめるためにアイスランドを選んだのだと思う。

 

 シーナは3週間、アイスランド中を駆け足で回った。アイスランドいう名前だけあって至る所に氷河があり、氷河から流れ落ちる壮大な滝があった。火山口の中まで見学させてもらった。シーナが敬愛する作家のヴェルヌの地底旅行のモデルとなった氷河にも登った。そして現地に住む家族の招きで一緒に食事をとった。。あなたにとって幸福とは何ですか?っと率直な質問のシーナに「安全に家族といる時に幸せを感じる」って答える鮫漁で働いている、ベネディクトさん。色々、考えさせられる読書だった。日本の家族の絆の薄さは異常だなと思った。日本に家族団欒で食事をとる家庭は今どれくらいいるのだろうか。

 

 

 

 

 

「十五少年漂流記」への旅 幻の島を探して

 

 椎名誠の読書量には驚かされる。彼の人生に決定的な影響を与えた本は子供時代に読んだヴェルヌの「十五少年漂流記」だったという。そこから彼の世界中の未知なる国に訪れる好奇心が生まれた。冒険好きなのだ。僕もそうだが、読書と旅行が好きな人は幼稚な人が多い。池澤夏樹さんもそうだし椎名誠も。シーナはヴェルヌを敬愛していて特に「十五少年漂流記」は何回も読んでいるそうだ。後に娘と共訳でシーナ親子の十五少年漂流記が新潮社から出版される。

 

 彼の好きな読書の分野は冒険記と探検記、漂流記。スケールが兎に角大きい。今回のシーナの旅で今まで漂流記のモデルとされていた南米のパタゴニアハノーバー島にまで足を運び、日本の田辺教授がヴェルヌの漂流記について論文で発表して新たにモデルになった可能性のあるニュージーランドのチャタム島を訪れる。日本からアメリカ、チリ、パタゴニアまで移動して、チリからニュージーランドまで移動するスケールの大きい壮大な旅だ。読んでいてとてもワクワクする。

 

 この本は田辺教授の論文へのアプローチであり学術的な論考だ。本書の中でノンフィクションと小説を問わず沢山の冒険記、漂流記に言及する。シーナの知識の豊富さに僕は圧倒された。ただ旅人はなく、とても思慮深い人だと思った。現地に訪れ、深く考察する。

 

 まず前半はパタゴニアの旅で後半はニュージーランドの旅だ。実際にハノーバー島に訪れる。ハノーバー島はそもそも近くに沢山の無人島があって孤島とは言い難い。少年たちが生き残っていく為には大変で荒涼とした土地だった。そしてチリからニュージーランドに移動して今度は田辺教授が実際の漂流記のモデルだと指摘するチャタム島を訪れる。シーナは少年たちが漂流したチェアマン島の地図を参考にして改めて実際のモデルはチャタム島だっと結論づける。チャタム島には漂流記で出てくる島の内陸に流れる湖、ラクーン(潟湖)があった。

 

 

 

 

そこのみにて光輝く

 佐藤泰志の「そこのみにて光輝く」を読了。青春小説だ。北国の海辺の小さな町を舞台に起こる若者たちの物語。若いと言ってももう三十路手前だが。ギャンブルがあって傷害事件があってセックスがあってタバコを吸う。悲しい雰囲気は全くなく、物語は淡々と進んでいく。佐藤泰志村上春樹とか中上健次と同世代の作家だがあまり知られてはいない。

 とても静かで素朴な小説だ。僕の好きなタイプの作家だ。高層住宅に囲まれた、路地裏の粗末なバラックにある一家が住んでいた。貧しく父親は寝たきりで、息子は刑務所に入っていた過去があり娘の千夏は水商売で生計を立てている。社会の底辺の一家だが家族の絆は強く一人息子の拓児は姉からも母親からも愛されている。とても小さな光だが輝いているのだ。もう三十年以上前に書かれた小説なので時代を感じさせるが人との出逢いを巧みに描いている。

 

 

タリバンの眼 戦場で考えた

 

 ジャーナリストの佐藤和孝氏の著書。今までチェチェンやシリア、アフガニスタン等、世界の紛争地帯を取材しているベテラン。中でもアフガニスタンの地域はほとんど訪れている。

 

 シーア派スンニ派、宗教の対立やらパシュトゥン人とハザラ人の民族間の対立。アフガニスタンはとても複雑。敵討ちの文化がある。そこにアメリカや西側の介入があったたらもっと混乱するのは当たり前。中村哲氏のような現地の習慣や文化に溶け込んでくれる人がもっと必要なのだ。

 

 世界の紛争地帯や戦争が起こっている場所では日々、子供や女性が無実の市民が死んでいる。不合理なめに遭っている人たちの姿を伝えるのがジャーナリストの仕事だ。本当に命懸けなのだ。佐藤氏の公私に渡るパートナーだった山本美香さんは2012年にシリアのアレッポで銃撃され亡くなった。

 

 2021年に米軍がアフガニスタンを全面撤退した後にタリバンが首都カブールを制圧。タリバン政権が誕生した。アフガニスタンには深刻な旱魃があって資源もない。争い事なんてしている暇はないのだ。タリバンに加入する若者たちの理由は仕事がないから。生きる為に仕方なくタリバンに入る。