大地のうた

こういう美しい小説が誰にも読まれずに埋もれているのは勿体無い。Amazonのレビューは誰も書いてない。長らく絶版になったいたのを2008年に新装されたのが本書。ベンガル語からの翻訳でとても瑞々しい日本語。翻訳者に感謝したい。カースト制度の最上位のバラモン階級ではあるがその日暮らしの乏しい家庭で生まれたオプーと姉のドゥルガ。大地のうたは少年オプーの成長期だ。ベンガル地方の片田舎の豊かな自然に囲まれ育ったオプーは筆者の幼少期の体験が色濃く反映されていてオプーは著者の代弁者だ。ベンガル地方は今で言うコルカタバングラデシュにあたりマンゴーの木や沼地、河川、緑が手付かずのまま残っている。筆者はベンガルの自分が生まれ育った村の風習や文化、自然との共存を見事な筆捌きで表した。とても静かに語りかけるような文体で自然描写が多く私は読書中、豊かな気持ちで満たされた。読書が大好きで父親のホリホルの本を乱読し空想好きのオプー。弟とは対照的の姉のドゥルガは毎日、朝から晩まで外で遊ぶのが好きだ。厳しい母親は子供たちに叱りつけたりするがそれでも愛情深くいつも子供たちの味方だ。オプーの村の子供たちとの友情だったり森での散歩、河川での釣り、自然との調和はとても幻想的でどこか懐かしい気持になる。最後に家族が豊かな生活を求めるためにベナレス(バラナシ)に引っ越す事が決まり鉄道から自分の生まれ育った村を回想する所で物語は終わる。1929年に大地の歌は出版されたが、著者のボンドパッダエの文才には些か驚いた。私たち日本人はインドの文学に疎いがインドにも彼のような立派な小説家がいるのだ。私の好きな場面はオプーが河で釣りをしながら空想に耽る所だ。河川の向こう側に広がる草原を眺めているとふとフランスのジャンヌダルクの生涯が脳裏に浮かぶ。勿論、ジャンヌダルクは読書から得た知識だ。続いて小舟に乗りながら、自分もいつかイギリス人のように世界中旅して未知なる国を訪れる機会があるだろうか?自分のような乏しい人間でも偉大な人生を歩むことが出来るだろうか?いや自分の夢は絶対に叶う!オプーの全く根拠のない自信に私は励まされたような気持になった。筆者の優しさもあるのだろう。まだまだ我が国では欧米文学が巷で溢れているが、アジアの文学も忘れてはならない。ベンガル人は非常に読者好きだそうで定期的にコルカタとかの大都市でブックフェアが行われている。大地のうたは私に異次元の読書体験を与えてくれた。ベンガル語が日本語に訳されている事なんて知らなかったし非常に貴重だと思う。本書が全国の書店に文庫化されて多くの読者に読まれるのを期待してレビューを書きました。

 

大地のうた

大地のうた

 

 

 

アルトゥールの島

 モランテのアルトゥーロの島を読了。ナポリを南下し地中海にある架空の島が舞台の物語。主人公のアルトゥーロはまだ14歳の少年である。面白くて魅力的な設定。14歳の思春期で移ろいやすい性格を巧みに描いている。中山エツコ氏の新訳も素晴らしい。

 

 

 

 

マンスフィールドパーク

初のジェイン・オースティンマンスフィールドパークを読了。

 

高慢と偏見 (中公文庫)

高慢と偏見 (中公文庫)

 

 

 

サルガッソーの広い海

 ジーン・リースのサルガッソーの広い海を読了。正直に言ってちょっと難解で一回読んだだけではよく分からない印象。池澤夏樹の解説があって理解出来た箇所もあるが人物相関図が複雑で誰がミスアントワネットの父親で誰がアントワネットの兄なのか(そもそも兄なんていないのに)混乱してはっきりしない。本書はどうやらこれまで文庫落ちもせずハードカバーで絶版になっていて入手困難だったようだ。それを池澤夏樹が世界文学全集に入れて広く知られるようになったのだ。リースは自分の生まれ故郷のカリブ海の島々を物語の舞台にした。リースの出身地はドミニカだ。川やマンゴーの木、太陽の光、自然豊かな土地の描写は大変美しい。しかし物語は大分残酷だ。第1章では植民地育ちのアントワネットは白いゴギブリと原住民から蔑まされ家に火を放たれ、弟は死ぬ。母親は頭がおかしくなりアントワネットと離れ離れになる。第2章では大人になったアントワネットはイギリスからやって来た婚約者と一緒にカリブ海の彼女の財産である家に滞在する。アントワネットは本当に夫が自分を愛しているのか疑っている。そんなある日にかつて母親と同郷で彼女の召使であったクリストフィーヌに相談を持ちかける。クリストフィーヌからの助言で夫を魔術にかけようとするが、夫は正気を取り戻し罠を仕掛けたクリストフィーヌと激しい言い争う。とうとうアントワネットとこの家から去ることを決める。第3章では母親と同様に精神的におかしくなったアントワネットはイギリスの精神病棟で夢か現実か分からなくなるような妄想にとりつかれる。当時のイギリスでは植民地育ちは二級市民と扱われていたようだ。現地の人からも白いゴキブリと嫌われ自分が何人なのか国籍や人種のアイデンティティーにリースはかなり悩んでいた。リース自身は17歳まではドミニカ育ちで本国に帰ってからも自分はイギリス人では無いと思っていた。彼女は自分の特殊な環境に置かれた体験を本書で表現した。200頁ほどの作品だが何回も読み直すに値する。

 

 

 

半分のぼった黄色い太陽

 アフリカから凄い小説家が出てきた。チママンダ・ンゴズィ・アディーチェだ。ナイジェリア出身の作家で今はアメリカとナイジェリアを往復する生活を送っている。本書はビアフラ戦争を取り扱った歴史小説だ。あまり聞き馴れない名前だが海外ではナイジェリアの内戦とも言われている、南部に住むイボ民族がビアフラ独立を目指したがそれに反対するナイジェリア軍政府との間で起こった戦争である。フィクションとノンフィクションが混在した作品だ。本書を読んで気付いたのはナイジェリアの公用語が英語である事とナイジェリアの宗主国がイギリスである事だ。アディーチェは母国語の英語で本書を描いた。今まで欧米の英語で書かれた小説は多数、日本語に訳されて来たが今までナイジェリアの小説は見逃されていたように感じる。

 トルストイ戦争と平和ナポレオン戦争中のロシアの貴族や市民を克明に鮮やかに描いたが、本書もナイジェリアの文化や食事や飢餓、風習を丁寧に細かく描いている。アフリカの幼児の身体が痩せ細っているのにお腹だけは膨らんでいる写真をよく目にしたが、あれは幼児が栄養不足で発症するクワシオルコルという病名だ。本書は戦争と平和に負けず劣らずの名作だと思う。悲惨な戦争小説は大概暗い。それは欧米人でも日本人でも一緒だ。読んでいて悲しい気持になりいつも読後は虚無感しか残らない。しかしアフリカの人はどこか悲劇的な出来事を笑って弾き飛ばす前向きさがある。物語中に実の母親を戦争で失ったり親戚がナイジェリア兵に虐殺されたり大切な執事が爆弾で吹き飛ばされたり、他にもかなり悲惨な悪夢のようなことが起こる。しかし彼らはハミングをしたりしてどこかユーモアがある。これはアフリカの大地で育ったアフリカ人特有の陽気な性格もあると思う。そしてアディーチェのストーリーテラーとしての才能もあるのだと思う。並みの作家の長編小説はストーリーの展開が単調で途中で飽きてくることがよくある。今まで私も何度、読書を途中で放棄した事か。優れた作家はとことん読者を物語の中に引き込む。もっと続きが読みたいと思わせる。アディーチェは29歳にしてこの名作を描いたと言うのだから驚きだ。並外れて早熟なのだと思う。イギリス人作家のリチャードや主人公の双子の姉妹、カイネネとオランナやハウスボーイのウグウ、そして主人で大学に勤める学者のオデニボ。それぞれの視点から物語は語られる。オデニボとオランナの夫婦関係だったり、ひとり娘のベイビーの出生の謎だったり、ウグウが軍に徴収されてある事件が起きたり、リチャードとカイネネは恋愛関係なのに不倫が起きたり兎に角、色んな事が起きる。悲しいとか楽しい事。でも愉快でとにかく面白い。本書に出逢えて良かったと思える作品。

 

半分のぼった黄色い太陽

半分のぼった黄色い太陽