老いぼれグリンゴ

 カルロス・フエンテスの老いぼれグリンゴを読了。以前私がメキシコに旅行に行った時に驚いたことがある。メキシコ人が読書好きでいたるところで古本市場を見かけたことだ。マンの作品やウルフ、ワイルド、世界文学が揃っていた。駅前にも本が置いてあった。そこでカルロスフエンテスの著書を目にしたのが最初の出会いだった。

 老いぼれグリンゴはやや難解な読書だった。死に場所を求めてグリンゴ爺さんはメキシコに渡る。物語の冒頭はグリンゴが棺桶に入って土の中に埋められるシーンから始まるので最初は読者は戸惑うと思う。本書を翻訳した安藤哲行氏の解説によるとどうやらフエンテスの独特の描き方であるらしい。グリンゴとはスペイン語アメリカ人の男性へ蔑称である。彼らは侵略者であり歴史的にはカリフォルニアはメキシコの領土であった。スペインによる300年に及ぶ植民地支配の後の米墨戦争の結果、テキサスを含む多くの領土をメキシコは失う事になった。本書はフエンテスによるメキシコ論でもあるのだ。

ストーリーは読んでいく内に謎がどんどん解けていって最後まで読み通したいと思わせる大変面白い読書体験だった。遠い日本の国からの読者にとってはメキシコの小説はちょっと専門用語や地名などで読むのが厄介な箇所が確かにあるが構わず読み進めていこう。著者の、フエンテスは自身のメキシコ人のとしてのアイデンティティーに深く考察し本書を著したのだと思う。フエンテス自身の生まれはパナマシティーで親が外交官だったためラテンアメリカの首都を転々とする幼少期を送っていた。首都のワシントンに住むようになると平日は英語で休みになるとメキシコ市に帰りスペイン語を勉強した。もう子供の時点でグローバルの感覚を身につけていたフエンテスは尚更自分の故郷のメキシコとは何なのかと模索する。実在に存在したアメリカ人作家のアンブローズ・ビアス氏のメキシコへの失踪から本書は生まれた。

ごく一般にいうと豊かな生活を求めて南から北への国境を渡るのだが老いぼれグリンゴのように特異な人物もいてメキシコに密入国する変わり者もいる。グリンゴは革命軍に参加し物語の中心人物のアローヨ将軍に出会い、彼が居座っているアシエンダという街で同じくアメリカから去ったハリエット・ウインズローにも出会う。この物語はこの3人の視点を中心に進んでいく。グリンゴ爺さんとハリエットも辛い過去を抱えこの高度の高いサボテンと乾燥した干上がった土の国に逃げてきた。皆んな馬に乗って移動して登場人物皆、複雑な過去がある。本書がアメリカで英訳が出されると反響がものすごかったようだが、当事者であるメキシコとアメリカ以外の国の人が読んでも十分に楽しめる。特にメキシコの文化、宗教、地形、歴史、メキシコとアメリカの関係、メキシコ側からみた超大国アメリカとは何か知りたい人は絶対に読んだ方がいい。

 

 

 

夜間飛行

 サン=テグジュペリの夜間飛行を読了。最近、チャトウィンパタゴニアを読んだが作中でこの作品に触れる箇所がある。夜間飛行はパタゴニアでの郵便飛行機を描いた作品だ。新潮社の翻訳はかなり古い。だから光文社の古典新訳を選んだ。素晴らしい翻訳。言葉のセレクトも非常にセンスがあると思った。新しい事にチャレンジするのはリスクを常に伴う。夜間の郵便飛行はまだ実験段階だ。鉄道や車に負けない方法が必要だからだ。パタゴニアやチリからの郵便物を中継点のブエノスアイレスに持っていってから深夜にヨーロッパに届ける。著者のサン=テグジュペリも心から飛行機を愛していたのだろう。天空の城ラピュタのような雰囲気がある。大雨と暗雲、霧と大嵐の中、その上深夜で目の前が何も見えない。エンジンも底を尽きている。しかし着陸せずに逆に謎の光を追い求めて高く上昇する。雲の中を抜けると静謐な光に包まれた見たこともない世界に辿り着く。一体、パイロットはここは何処なのかといぶかしる。そしてパイロットからの無線連絡は途絶える。宮崎駿は本書を読んで天空の城ラピュタの着想を得たのだろう。とても不思議で未知の世界への憧れとか夢がある。星の王子様は完全に児童文学向けの物語だったが夜間飛行は何歳になっても読める作品だと思った。

 

夜間飛行 (光文社古典新訳文庫)

夜間飛行 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

 

 

君たちはどう生きるか

宮崎駿の本書の映画化決定を機会に読了。挿絵があって非常に読み易かった。宮崎駿は消費するよりも生産する側になりなさいと言ったが、この名言はこの作品に書かれているので宮崎駿が本書に相当、影響を受けたのがわかった。映画が楽しみである。

 

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

 

 

 

パタゴニア

 チャトウィンパタゴニアを読了。すごい。紀行文学の傑作。情報量が多くて中身が一杯詰まっている。優れた学術書を読んでいるような気がした。それでも全然堅くない。小さな物語がいくつも入っている。全てはパタゴニアについて関係している。日本からははるかに遠い辺境な地なのでとても好奇心がそそられる。冒険小説も出てくるし実際にパタゴニアに移住したウェールズ人の話も聞ける。チャトウィンの自由奔放な書き方が目立つ。とにかく面白かった。どこの頁から開いても物語が読める。掌編小説の詰め合わせだ。池澤夏樹の解説も素晴らしい。彼はチャトウィンの心酔者だ。チャトウィンの著書は全部読んでいて彼に影響を受けてパタゴニア最果ての地のウスアイアで池澤夏樹は解説の原稿を書いた。チャトウィンを辿る旅をしていたようだ。私もいつかパタゴニアに旅行に行きたいな。実際にはほとんどが観光地化されていてあまり浪漫は無いようだが現地の生き物や本書に登場する街や景色を見てみたい。この一冊でパタゴニアの歴史や移民、考古学的な知識(チャトウィンは考古学を大学で学んだ) 原住民について大分詳しくなれる。いやあ。イギリス人の旅行好きは半端ないわ。チャトウィン自身もかなりの旅行家らしくアフリカやアフガニスタン、南米、地球上の全部の大陸に行った。彼は旅行家であり小説家でもあるのだ。途中、シェイクスピアテンペストについての学問的な検証があったり知的な探究心も大いに満たされた。シェイクスピアテンペストはマゼラン航海記から創作のインスピレーションを受けたようだ。伝説やら実話やら本当に沢山の物語が本書にはあるが、優れた作品である事には変わりない。チャトウィン自身が撮影した白黒写真も入っている。池澤夏樹がここまでチャトウィンに愛着を抱くのは彼の生き方だと私は思う。自宅には帰らず友人の家を転々としノートに物語を書いていく。絵画を観る鑑賞力があり美への追求心はあるが所有欲はない。だから旅に出る。まさに遊牧民、今で言うノマドなのだ。パタゴニアで彼は沢山の人に出会い話を聞いた。彼の祖母のいとこのチャーリー・ミルワードは船乗りでイギリスとパタゴニアを何回も往復した伝説的な人物だった。そのチャーリーへの想いもあってパタゴニアを目的地に選んだ。物語の後半はチャーリーの伝記で船でのエピソードはワクワクする。アルゼンチンとチリの政治的な問題も勉強になった。

 

 

 

あしながおじさん

 あしながおじさんの新訳を本屋で発見したので購入。訳者は岩本正恵さん。以前読んだ世界の果てのビートルズも彼女の翻訳で非常に読みやすい。本書の翻訳を最後に亡くなったしまった。とても惜しい方を亡くしたと思う。まだ50歳だった。ご冥福をお祈りします。

 恐らく8年ぶりぐらいにあしながおじさんを再読。もうすっかり内容を忘れていたので初読のような感想。今回の新訳は文字が大きくなってウェブスター自身が書いた挿絵も入っているので楽しく読んだ。改めて思うのはあしながおじさんってやはり名作だとおもった。しっかり伏線を回収して最後の驚きの展開は納得のいくサプライズだった。全ての辻褄が合う。

 手紙形式の物語は珍しい。それも相手は匿名で主人公のジュディに学費を援助してくれた全く知らない存在。ただ分かるのは脚が長くて大金持ちで身体が弱いというだけ。ジュディは毎月仮の名前のジョンスミス宛てに手紙を送る。勿論、孤児院から救ってくれて学費まで出してくれた恩人に感謝の気持を忘れずに。孤児院育ちの言わば、貧しい環境で育った1人の少女と代々何世代にも渡って継いでいった名家の篤志家との身分違いの恋愛物語だ。著者のウェブスターはマークトウェインとは親戚関係で作家としての素質があった。私の憶測だが彼女は不幸な境遇で育った人への同情心が強く彼らを励ますためにあしながおじさんを書いたのだはなかろうか。決して夢を諦めてはいけないと思った。

 蛇足だが本書でアメリカと日本が戦争が始まるのをジュディは新聞で知る。本書が書かれた時代は丁度排日移民法が制定されて日本人の移民を禁止し日米関係がギクシャクしてた時だ。同世代の芥川龍之介の短編にも確かアメリカといつ戦争を始めるのか?質問している場面があった。こういう発見は面白い。読書する習慣を身に付けて行くと本と本の繋がりを発見する事がよくある。これだから読書は辞められない。

 

あしながおじさん(新潮文庫)
 

 



アフリカの日々

 アイザック・ディネーセンのアフリカの日々を読了。ずっと積読だった本。中々読む気になれなかった。私の妙な先入観があったからだ。人種差別的な西洋人からみたアフリカ本と私の中で決めつけていた。驚いたのは著者のデンマーク人のディネーセンは最大限の敬意をアフリカ人に抱いていた。彼女の人間性の良さというか、これはすごい事だと思う。本書が書かれた時代の作家たちトーマスマンしかりチェーホフしかりヴェージニアウルフしかり皆有色人種への人種差別的な見方は彼らの著書に見受けられる。私は落胆しながらも当時の時代背景を鑑みると仕方の無い事だと思っていた。しかしディネーセンは肌の黒い人たちと友情を交わし共に働き信頼関係を築いた。

 実に18年もケニアの高台で農園を経営していたのだ。アフリカの日々はその記録である。情報量が半端ない。この一冊読めばかなりアフリカに詳しくなると思う。池澤夏樹氏は本書を読んでケニア行きを決意したそうだ。アフリカ人の伝統お祝い事の日の踊りや歌、ケニアの狩猟について、現地の文化を学ぶ筆者の姿勢は素晴らしい。ディネーセンは非常に逞しい女性なのだと思った。経営者なのだから当然なのだが友人と一緒にライオンの狩に行ったり第一次世界大戦中の支援行動にも彼女の芯の強さが窺える。本書は愛と哀しみという題名の映画化もされていて、そちらも非常に評価が高い。

 アフリカの日々はケニアを舞台にした自然豊かな美しい作品である。特に印象に残ったのは探検家のイギリス人のデニスと一緒に飛行機に乗り空からケニアの大地を見下ろすシーンである。逃げ隠れするバッファローの群れは飛行機の存在を恐れ林の中に固まり息をひそめる。私もいつかはアフリカに行ってデニスとディネーセンのような体験をしてみたい。なおデニスは実在の人物で飛行機事故のアクシデントによりケニアの空港付近で亡くなった。彼のお墓はディネーセンのコーヒー園があるンゴング丘陵に建てられた。

 農園地帯から車に乗って大都会のナイロビに買い物に行ったり禁欲的なインド人の鍛冶屋の職人の性格、ソマリ族とキクユ族とマサイ族のそれぞれの特徴だったり同郷の悲観主義者のクネッセン老とのエピソード、全て大変興味深く読んだ。動物とのエピソードも面白い。ディネーセンは牛や鶏や猟犬と一緒に生活をして一匹一匹の命を大切にして育て上げた動物愛好家の一面もある。特に子鹿のルルへの愛情は親子の関係のようだ。また一冊大切な本が増えた。何回も再読するに値する本だ。