読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ物語

  毎日生きるのが苦しくて疲れた疲れた疲れたと言いながら過ごしている。結局のところ私にとって最終的な幸福は死ぬことである。この世に起きる全ての出来事は無常なのである。一切合切は変わっていき不変のものなど存在しないのだ。私はそう解釈した。この世の苦しみや痛みとどうやって接していけばいいのか、その答えを仏教に求めたのだ。私は二年前にブッダが修行した北インドにも行ってきたし諸説はあるがブッダの生まれた国のネパールにも行ってきた。カトマンドゥにある大変立派なストゥーパ(仏塔)も見てきた。

 ブッダはジッダルタという名前で王族の家庭に生まれてきたのだ。王子として幼少期のブッダは何不自由のない恵まれた環境で育ちそこから出家したのだ。ブッダは激しい苦行を積んだ後に悟りを開きその教えをベナレス(現在のヴァラナシ)で弟子に授けた。ブッダは長い間一ヶ所の場所に留まらず常に移動して布教活動をしていた。死ぬ間際にも故郷に戻るための旅を続けていたブッダは道中に倒れ死去した。仏教学とインド学専門の中村元氏と仏教文学者の田辺和子氏が著した本書はとても読み易い。ブッダは法の教えを常に一番に考えろと言った。インド人は法をダルマと呼び元々は道理や理法の意味があり漢訳仏典で法と訳されたのだ。インドを起源に生まれた仏教は中国に伝わりそして日本にも伝わった。 

 もっと仏教とインドを知る意味でもまたインドに行きたいなと思った。ムンバイとチェンナイにはまだ行ったことが無いから。

 

ブッダ物語 (岩波ジュニア新書)

ブッダ物語 (岩波ジュニア新書)

 

 



超近未来都市 ドバイに行ってきた!

 抗鬱剤に最近は依存気味なので少し減らさないとまずい。二度の痔の手術後も好き勝手に旅行に行ってたりしてたせいか痔瘻術後障害の後遺症も残ってしまった。もう身体中ボロボロである。相変わらず旅行は続けている。今回の旅行先はアラブ首長国連邦。何もかもが新しい超近代都市である。久しぶりに旅先に行って衝撃を受けた。ドバイの街中を歩いているとわかるが活気があってエネルギーに満ちた都市である。歩いてるだけでも楽しい。イスラム教とSF映画の融合だ。生きていくのが心底苦しいが不平や不満をいってもしょうがない。前に進むことを止めてはいけない。

f:id:Yoshi8643:20170214114155j:image

f:id:Yoshi8643:20170214114210j:image

カフカ 変身

 カフカの小説を初めて読破した。変身は朝起きたら自分の姿が虫に変わっているという大変ユニークな設定の小説だ。次は城を読んでみようと思った。

 

 

 

マクベス

シェイクスピア四大悲劇のうちの一つである。シェイクスピアの翻訳は多数あるが松岡和子さんの翻訳が私には合っている。ちくま文庫から全集が出ているのでコツコツ集めて行こうと思っている。

 

シェイクスピア全集 (3) マクベス (ちくま文庫)

シェイクスピア全集 (3) マクベス (ちくま文庫)

 

 

 

オランダ旅行記

 今回の旅はイギリスとオランダに行って来ました。美術館巡りの旅です。オランダではゴッホ美術館と有名なフェルメール真珠の耳飾りの少女があるマウリッツハイス美術館に行って来ました。どちらも非常に充実した美術館でした。残念ながらゴッホ美術館は撮影禁止でしたが、とにかく見やすく立派な建物でした。デン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館は今迄訪れた美術館の中でも特に綺麗な美術館でした。主要な作品には日本語のオーディオガイドもあるのでより作品の理解も深まりました。

f:id:Yoshi8643:20170128232513j:image

f:id:Yoshi8643:20170128232824j:image

アムステルダムの街並み

f:id:Yoshi8643:20170128232847j:image

マウリッツハイス美術館

f:id:Yoshi8643:20170128233009j:image

デルフトの眺望

プルーストも大好きだった作品

f:id:Yoshi8643:20170128233455j:image

美術館前にある池

 

ロンドン旅行記2

 今日はコートールド協会美術館に行って来ました。こじんまりとしていて小規模な美術館なのに作品はかなり充実しています。ゴッホ、モネ、ドガ、セザンヌ等、目白押しです。小さい美術館なので人混みも無くて1人でゆっくり鑑賞出来ました。時間が経つのを忘れるほどに。

f:id:Yoshi8643:20170125075830j:image

f:id:Yoshi8643:20170125075845j:image

実際にスーラの点描画を観るとものすごく手間がかかっているのがわかります。スーラの美への探究心が伝わって来ました。

f:id:Yoshi8643:20170125080500j:image

f:id:Yoshi8643:20170125080511j:image

モネ

f:id:Yoshi8643:20170125080544j:image

f:id:Yoshi8643:20170125080557j:image

f:id:Yoshi8643:20170125080614j:image

f:id:Yoshi8643:20170125080629j:image

f:id:Yoshi8643:20170125080639j:image

f:id:Yoshi8643:20170125080648j:image

マティス

ロンドン旅行記

 今、ロンドンのホテルからこのブログを買いています。相変わらず旅を続けてます。やっぱり異文化体験は楽しいです。

f:id:Yoshi8643:20170124023917j:image

f:id:Yoshi8643:20170124023933j:image

ビックベンの鐘の音を聞きました。

街を散歩しながらいつも通り美術館に行ってきました。まずはロンドンナショナルギャラリー。

f:id:Yoshi8643:20170124022315j:image

スーラの大作、アニエールの水浴を観るだけでも行く価値ありです。

f:id:Yoshi8643:20170124022822j:image

f:id:Yoshi8643:20170124022915j:image

ルノワール

f:id:Yoshi8643:20170124023010j:image

f:id:Yoshi8643:20170124023035j:image

ピサロ

f:id:Yoshi8643:20170124023101j:imagef:id:Yoshi8643:20170124025026j:image

マティス

他にもモネやピカソの作品が揃っていました。これだけの名画が揃っているのに無料なのは驚き。イギリス人は太っ腹だな。 

続いてテートブリテンにも行ってきました。

 

f:id:Yoshi8643:20170124024141j:image

オフィーリア。ミレイの作品。

f:id:Yoshi8643:20170124024502j:image

こちらもミレイの作品。

f:id:Yoshi8643:20170124024534j:image

作者忘れました。

観光も好きですがホテルに引きこもるのも好きです。いわゆる外こもりです。