読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダロウェイ夫人

 ヴァージニア・ウルフのダロウェイ夫人を読了。古本屋でこの小説に出会った。白と紫色の花の表紙に惹かれ購入した。モダニズム小説の傑作らしく詩的で大変耽美的な文章であった。ロンドンという名の大都市での日常的な生活が物語の舞台だ。1920年代当時のロンドンの光景が沸々と蘇る。手元にずっと置いときたい小説だ。

ダロウェイ夫人 (集英社文庫)

ダロウェイ夫人 (集英社文庫)